“安心・安全なたもぎ茸をお届けする北海道南幌町の企業です。”

安心・安全なたもぎ茸をお届けする北海道南幌町の企業です。

株式会社 スリービー

21世紀の「食」を担う

たもぎ茸 研究・開発 21世紀の「食」を担う

沿革(続き)

キノコ類の中でも際立ったパワーを宿している。

1985.4. ㈱ヨシナリ食品工業設立  吉成篤四郎 代表取締役就任 バイオ技術にて 「たもぎ茸」 の人工栽培に成功し工場生産開始。
1985.4. 全国財団法人学校給食会に「たもぎ茸水煮」納入開始。
1990.4. 北海道林産部より全国きのこ生産量発表。「たもぎ茸」生産量、 全国の 85 %を占める。
1992.3. 「たもぎ茸水煮」 札幌市 地場製品開発賞特別賞、札幌市 桂市長より受賞。
1995.5. ㈱ヨシナリ食品工業を  ㈱スリービー に商標変更並びに組織変更。
1997.8. 障害者雇用と社会的自立の促進に寄与。北海道 堀知事から感謝状を授与される。
2001.5. バイオゴッド商品開発 成功し全国発売する。
2003.4. 品質マネジメント国際規格 ISO9001 ・ 2000 認証。
2003.4 食品機能性の高いタモギタケ生産システム開発で北海道立林産試験場との共同研究を始める。
2003.9. ㈱太田胃散 「バイオゴッドゴールド」発売「バイオゴッドゴールド」 全国総発売代理店契約 ( OEM 提供)する。
2003.9. 中小企業革新支援法の規定に基づき、北海道高橋知事から経営革新計画に係る承認を受ける。 テーマ「研究開発型バイオ企業への変革」
2003.10. 平成 15 年度 北海道科学技術総合振興センター 「研究開発助成事業」に係る補助金の交付決定。 名称: 産業創造技術研究開発支援事業(産業創造技術研究開発補助金) 研究開発テーマ名: 「血圧調節作用を持った たもぎ茸由来機能性食品の開発と利用」
2004.3. 食品機能性の高いたもぎ茸、原菌の開発に成功 (北海道立林産試験場、北海道大学大学院農学研究科、 スリービーの研究開発部の共同研究)
2004.3. バイオゴッド 免疫賦活機能並び血圧降下 の用途特許及び 物質特許の国内及び国際特許出願済
2004.5.27 日本特用林産功労表彰、 法曹会館に於いて受賞。(北海道より 6 年ぶりに代表として表彰される。)
2004.6. 北海道より HACCP に基づく衛生管理導入の評価で4ツ星評価の認定
2004.7. 北海道経済産業局より平成 16 年度中小企業経営革新等対策費補助金 (創造技術研究開発事業) テーマ 「発酵技術開発を利用した たもぎ茸由来機能性の食品開発」
2004.9. たもぎ生茸、東京 大田市場・築地市場・関東圏市場に進出する。
2005.4 財団法人学校給食会への「たもぎ茸水煮」納入が 1 道 2 府 32 県 までになる。
2005.4.7 第 96 回アメリカがん学会で学会発表 (於:米国カリフォルニア州アナハイムコンベンションセンター) 「たもぎ茸エキスによる抑制性 T 細胞の制御・ 新規抗腫瘍効果について」
2005.6 国際展示会  BIO2005 出展 バイオゴッドを展示し海外販売展開を模索する (於:米国ペンシルバニア州フィラデルフィア市)
2005.6.15 品種登録出願「たもぎたけ エルムマッシュ 291 」 食品機能性の高いタモギタケ共同育成品種、道立旭川林産試験場と共同で農林水産大臣へ品種登録出願
2005.8. 北海道経済産業局より平成 17 年度中小企業創業・経営革新等支援補助金 (中小企業・ベンチャー挑戦支援事業のうち実用化研究開発事業) テーマ 「食用キノコ(タモギタケ)からの効率的セラミド抽出技術開発、及び免疫賦活等の評価」
2005.9.14 第 64 回日本癌学会学術総会発表   (於:札幌市) 「たもぎ茸由来バイオゴッドに含まれる免疫賦活物質の解析とその作用機序」
2005.9.29 国際特許出願「たもぎ茸抽出物を有効成分とする抗腫瘍性免疫賦活剤」
2005.11.4 血圧降下に関する特許公開 (特開 2005-306775 号)「ペンチトールまたはヘキシトールを有効成分とする血圧降下剤」
2005.11.28 第 27 回食品産業優良企業等表彰 食品産業部門 農林水産大臣賞受賞
2006.1 バイオネットワーク北海道ビジネスマッチング IN 大阪出展 (主催:財団法人 北海道中小企業総合支援センター)
2006.2 第 6 回 JAPAN ドラッグストアショー 出展 太田胃散のバイオゴッドゴールドを展示(於:東京幕張メッセ)
2006.5. 第 5 回国際バイオ EXPO 出展 (於:東京ビッグサイト)
2006.5. たもぎ茸由来グルコシルセラミドの国内特許出願 「皮膚保湿剤および皮膚炎治療剤」
2006.5.17 中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律第 9 条第 3 項の規定に基づき、経営革新計画に係る承認を受ける。 経営革新テーマ 「植物性セラミドの新製品開発と事業化」
2006.6 サプリ&機能性食品出展(主催:日経 BP 社 於:東京池袋サンシャイン) たもぎ茸由来セラミドのエビデンスデータ公開する「皮膚保湿作用と抗アトピー効果」
2006.6 日本食品免疫学会 企業会員となる。
2006.8. 「バイオゴッド」海外発売 シンガポール政府の輸入許可が下り、現地の販売代理店と契約しバイオゴッドで海外進出第 1 号を達成する。
2006.9. 商標登録出願「グルコセラミド」 (日本国内)
2006.9.11 財団法人 北海道科学技術総合振興センター平成 18 年度「産業創造技術支援研究開発支援事業」に係る補助金交付決定。 研究開発テーマ名:「たもぎ茸セラミドの食品用途及び美容・化粧品用途の開発とその事業化」
2006.10. 国際展示会 Supply Side West International Trade Show&Conference 2006 出展 たもぎ茸由来のグルコシルセラミド「グルコセラミド」のエビデンスデータを海外に向けて発信、マーケットリサーチをする。(於:米国ネバダ州ラスベガス)
2006.12 . バイオゴッドカプセル全国発売(販売者 ㈱太田胃散)
2007. 3 . 第十一回安藤百福賞の発明発見奨励賞受賞 。 即席めんの生みの親で日清食品の創業者の安藤百福氏設立の賞。 たもぎ茸の基礎科学研究や生産技術の向上を評価される。
2007.10. 中小企業地域資源活用プログラム認定企業となる 認定事業「たもぎ茸由来のグルコシルセラミドによる化粧品の開発」
2007.11. 平成 19 年度「道産きのこ優良生産者表彰」受賞 北海道高橋はるみ知事から受賞。
2007.11. セラミド3000発売 セラミド成分を活用した健康食品を開発、ツルハドラッグ PB で全国発売。
2008.2. エムズセラジェル発売 セラミド配合保湿基礎化粧品、 ツルハドラッグ PB で全国発売、化粧品業界へ新規参入を実現する。
2008.6 . 「 百冠生化科技股 ? 有限公司」と 台湾総代理店 契約 バイオゴッドを台湾にて発売開始、海外展開の本格化にむかう
2008.7 セラミド3000が G8 北海道洞爺湖サミット会場に展示 北海道情報館展示会場にセラミド3000展示
2008.10 グルコシルセラミドの精製方法特許申請 札幌医科大学との共同出願
2008.10 エルムセラモイストスキンジェル発売 自社生産品グルコシルセラミドをはじめ、ヒアルロン酸、コラーゲン、レシチンの4大成分を配合
2008.10 札幌医科大学医学部にて自主臨床研究始める 研究題目「皮膚に対するタモギタケ由来セラミドの作用」
2008.12 エルムセラシリーズ第2弾 「うるおい美肌 セラミドカプセル」発売
2009.6 経済産業省 中小企業庁の選ぶ 「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる
2009.10 たもぎ茸由来グルコシルセラミドの特許取得(特許第4383427号) 発明の名称「皮膚保湿剤および皮膚炎治療剤」 
2010.3 北海道経済部の選ぶ 「地域でがんばる元気企業100選」に選ばれる 
2010.3 北海道経済部の選ぶ北海道のトップランナー企業の一社として、 たもぎ茸の生産が国内シェア1位であることが紹介される。
2010.3 北洋銀行中小企業新技術研究助成基金より、 「タモギ茸抽出物の抗酸化作用を利用したアンチエイジング食品の開発」で表彰される。
2010.5 中国浙江省交流視察団の工場見学を受け入れ。
2010.6 欧州視察団(オランダ、ドイツ、スイス、ベルギー、フランス)の工場見学を受け入れ。
2010.11 血圧降下に関する特許取得(特許第4623996号) 発明の名称「たもぎ茸抽出物を有効成分とする血圧降下剤」
2010.11 競争馬用製品「ホースゴッド・ホースセラ3000・ホースセラジェル」発売、競走馬の世界に進出する。
2011.3 口腔ケア用製品「健口習慣」ジェルタイプ、スプレータイプを北海道医療大学との共同研究成果より発売
2011.8 セサミン30 DHA/EPA発売 ツルハドラッグとの共同開発PBで全国のツルハドラッググループで発売
2011.9 抗カンジダ菌剤特許取得(特許第4831711号) 発明の名称「タモギタケ抽出物を有効成分とする抗カンジダ菌剤ならびに カンジダ症予防および/または治療剤」
2012.9 腸管免疫賦活に関する特許取得(特許第5088911号) 発明の名称「抗微生物物質産生・分泌促進剤」
2013.9 工場を新増設。延べ床面積約222メートルを整備して北海道内外の需要増に対応する体制を整える。
2014.4 タモギタケエキスを活用したカルシュウムたっぷり魚バーグ3種類(さんま、ホッケ、タラ)学校給食会の物資選定会を経て販売を開始する。
2014.6 グルコシルセラミドの精製方法特許取得(特許第5564731号) 発明の名称「グルコシルセラミドの精製法」